形状で選ぼう

ウェッジサンダル

「ウェッジサンダル」はもはやオシャレの必須アイテムといえます。

そこで、あなたも「ウェッジサンダル」でリゾート気分を味わってみませんか?

ウェッジサンダルとは

かかと〜足先まで靴底がひと続きになったタイプのもので、船底型とされるのが「ウェッジサンダル」です。1970年代にも流行したことがありますが、最近では土踏まずの部分を少し持ち上げて、ハイヒールのようにかかとを細くした優美なデザインも増えてきました。

コルクやジュート、籐(とう)などの自然素材を使った製品も目立ち、その清涼感からタウンユース、リゾートユースともに圧倒的な支持を得ています。また、ナチュラルな感触なため、足が疲れにくいのも特徴です。

なお、ウェッジソールの発明者はイタリアの超高級ブランド「フェラガモ」の創始者であるサルバトーレ・フェラガモとされ、第二次世界大戦中にコルクなどを材料にして作ったのが始まりとされています。

1937年に大流行し、その後1972年にはブームが再来しました。近年、新たなブーム再々来の兆しがあるとして、注目を浴びています。

ウェッジサンダルのココがいい!

なぜ、今「ウェッジサンダル」が人気なのでしょうか? 

今回は、その人気の秘訣に迫ってみようと思います!

脚長効果&疲れにくい

[バニティビューティ] ジュート巻きウェッジサンダル V3572 オレンジ (OR/L)

ウェッジソールのいいところは、まず脚長効果があるとこです。これはヒールのある靴を履く上で、第一にあげられることでしょう。もちろん、ピンヒールなどでも同様の効果が得られるのですが、長時間歩くと疲れてしまう・・・といったデメリットも。

これはかかとに重心がかかった際、ヒール部分の面積が少ないため、そのわずかな面積に全体重がかかってしまうからです。ところが、ヒール部分の面積が大きいウェッジサンダルならそのような心配も要りません。ウェッジサンダルは重心のかかる部分がスニーカーよりちょっと狭くなっただけなので、とてもラクチンです。

もちろん、歩きやすさだけを考えるとスニーカーには引けを取りますが、ウェッジソールはある程度の歩きやすさを保ちながらもオシャレでいることができます。

合わせやすい

ウェッジサンダルは気軽に履けるため、さまざまなファッションに合わせることができます。

まず、ウェッジサンダルそのものがどこかファニーな印象なので、ハーフ丈やショート丈のパンツ、ふんわりとした優しい雰囲気のスカートなどと相性抜群です。

また、スキニーデニムをプラスすることで脚長効果を得ることもできますよ。

デニムに限らず、バギーパンツなどとの相性もいいので、色んなファッションを楽しんでみてください!

ウェッジサンダルは転びやすい?

[ジェリービーンズ] ストライプウェッジサンダル 41-1263 (黒/S)

健康の観点から見るとピンヒールなどに比べて、靴底全体に体重が分散されるので足への負担も少なく、厚底の分だけ脚を長く見せることができます。しかし、その厚底ゆえ運転には向かず、事故を引き起こすケースも。

また、普通のヒールより足裏の感覚が少なくなるため、転びやすいのも特徴です。軽やかに歩いていたはずが、ふとした瞬間に「グキッ」・・・なんて経験はありませんか? その安定さが故に気を許して、ついつい足をひねってしまいがち。

ウェッジソールは高低差があるため足をくじきやすく、捻挫することも少なくありません。ウェッジサンダルを履く際は足を上からおろすようにするなど、歩き方に注意が必要です。

コラム 女性の理に適ったサンダル

ウェッジサンダルは涼しいデザインでありながら、ヒールのように優美なデザインを描けるのが特徴です。

街へ出かける際にサンダルではカジュアル過ぎるけど、ヒールを履くほどではない・・・ということは案外多いですよね? 

ウェッジサンダルは「カジュアルさ」と「上品さ」を兼ね備えているので、そうした女性の要望にこたえられる唯一のサンダルです。皆さんもぜひお気に入りの一足を見つけてください!


ページの先頭にもどる