サンダルを履こう!

サンダルを履こう!

爽やかな季節になると、サラッと素足で軽やかな印象のサンダルが欲しくなりますよね? 遊びや日常生活の中で履かれることの多いサンダルは低価格な上、種類も豊富です! 

まずは、お気に入りの一足を見つけてみませんか?

サンダルの基礎知識を学ぼう!

サンダル

「サンダル」とは足全体を包まず、紐やバンドなどで足に止める履物の総称です。なお、この定義からいくと下駄や草履もサンダルの一種と考えられますが、日本ではそれらをサンダルには含めていません。しかし、ゴム製のサンダルに関しては「ゴム草履」と呼ぶことがあります。

サンダルは古くからある履物とされ、その形式や材質はさまざま。ちなみに、サンダルがフォーマルな場で着用されることはほとんどありません。一般的に、遊びや日常生活の中で履かれることが多いようです。

仕事においても、かしこまった場での対面が重視される窓口の応対係や外交販売員がサンダルを着用するのはタブーとされています。

いつ頃からあるの?

サンダルを履きこなすにあたって、まずはその基礎知識を学んでみませんか? ここでは「サンダル」という履物について詳しく紹介しています。

その歴史はもちろん、選び方のポイントなど気になる情報が満載ですよ! 

日本人は選び方が下手とされていますが、その詳細についても解説しています。

サンダルを履いてみよう!

サンダル

いくら可愛いサンダルを履いていても、足にフィットしていなければ台無しに・・・。

ファッション性やデザインももちろん大切ですが、まずは自分に合ったサンダルを選びたいものです。そこで、今回はサンダルを選ぶ際に気をつけたいポイントをいくつかご紹介します!

かかと

かかとは台(靴のかかと部)にきちんと乗っていますか? かかとの出方はピッタリ、もしくは2mmほど出るくらいが理想とされています。

また、ベルトは歩くとき邪魔にならない程度にピッタリしていますか? 歩く際、ベルトがかかとからパカッと外れてしまうものはNG。ベルトが金具付きの場合はくるぶしに当たっていないかなど、ベルト穴を調整してからフィット感をチェックしましょう!

ボール部

ボール部をピッタリ固定できるくらいのフィット感はありますか? 

ゆる過ぎて、歩くと足全体が前にずれてこないか、歩くと当たって痛くないかなどを入念にチェックしましょう!

爪先まわり

足先の開口部分に痛みがなく、かつ適度なフィット感はありますか? 

爪先に適度なゆとり(12〜15mm)があるか、台から指がこぼれていないかなどを入念にチェックしましょう!

日本人はサンダル選びが下手?

世界中の人たちから愛されている「サンダル」ですが、日本人はその選び方が下手なようです。

そもそも、日本人はサンダルの用途目的からして間違っているとか。まず、サンダルは長距離を歩くためのものではありません。つまり、通勤や通学、買い物などの「歩かざるを得ない状況」で履くものではないのです。そして、サイズが合っていない人も多くみかけます。きちんとサイズが合っていれば、足裏とサンダルの表面がそこまで離れることはありません。

サンダル

歩き方を見ているとミュールサンダルでもないのに、突っかけサンダルのように音を立てながら歩いている人が多いですよね? 歩くときに音がするのは、余計な力が掛かるために疲れやすい歩き方をしているといえます。

普通に歩いているにも関わらず、カタカタと音がうるさい歩き方になるサンダルは要注意ですよ!


ページの先頭にもどる